林和泉(文喫副店長)の年齢や学歴(出身校)プロフィールは?Twitterやインスタ、SNSアカも調査!

テレビ関連
スポンサーリンク

今日9月8日放送の7RULES (セブンルール)で特集されるのは東京・六本木の書店「文喫」副店長の林和泉さんです。

「本に出会うための本屋。恋に落ちるみたいな」と文喫と語る彼女は一体どのような人物なのでしょうか、調査してみました!

スポンサーリンク

林和泉(文喫副店長)の年齢や経歴プロフィールは?

名前:林和泉(はやしいずみ)
生年:1992年
年齢:2020年9月現在28歳
出身地:岐阜県
出身大学:不明
大学卒業後、2014年に日本出版販売株式会社に入社
首都圏の紀伊國屋書店3店舗の営業を担当。書店の売上改善や販売効率化の施策を行う
2017年より本の楽しみ方を拡大する新規事業の立上げを担当
2018年12月にオープンした東京・六本木の「文喫」副店長を務める
スポンサーリンク

林和泉のTwitterやインスタ、SNSアカはある?

調査してみましたが林さん個人のツイッターやInstagram、FacebookなどSNSは見つけることが出来ませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【12月17日】 文喫初朝イベント!文喫で朝食を。 野菜ソムリエがつくる美味しいスムージーボウルを食べて、1日のリズムを整える。本を介して人とつながる。アクティブだけどリラックスできる。そんな朝のひと時を、文喫でお過ごしください。 お仕事前にもぜひどうぞ! お申込みはpeatixから。 https://bunkitsubreakfast.peatix.com/view ■イベント概要 【日時】12月17日(火)8時00分~ ※イベントは9:00までです。+1,000円(税抜)レジでお支払頂くと、9時以降も引き続き文喫をお楽しみ頂けます。 【会場】文喫 六本木 【定員】30名 【料金】1,000円(入場料・スムージーボウル代込/ 税別) #文喫 #文喫で朝食を

文喫六本木(@bunkitsu_roppongi)がシェアした投稿 –

文喫のアカウントはあるため、もしかしたら中の人(担当)が林さんの可能性はありますね^^

スポンサーリンク

文喫とは?口コミも調査!

文喫とは入場料を払って利用する本屋です。
人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売、一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設。
エントランスでは約九十種類の雑誌を販売しています。

入場料:1500円(税別)※土日祝は1,800円(税別)

じっくりと自分に合う一冊を探すことが出来る文喫。

漫画喫茶と本屋さんが合わさったような感じでしょうか。とにかく集中して本を楽しむことが出来ると評判も良いです。

住所:〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1−20 六本木電気ビルディング 1F
アクセス:地下鉄日比谷線・大江戸線六本木駅 3・1A出口より徒歩1分
営業時間:9:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定休
席数:90席
電話番号:0364389120

現在はこのようにお客さんが増えてしまうと、新型コロナ対策のために入場規制を行っています。今回の放送でまた混雑してしまうかもしれないので、行きたい方はまた様子を見てから行ってみると良いかもしれませんね!

文喫の口コミ

スポンサーリンク

林和泉(文喫副店長)の年齢や学歴(出身校)プロフィールは?Twitterやインスタ、SNSアカも調査!まとめ

文喫副店長の林和泉さんについて調査してみました!

文喫は口コミも大変良く、これだけ利用者の心を満たすとは、担当者の林さんは本好きの心を相当理解されているんだなと感じます。

これから込むかもしれないので、落ち着いたらあなただけの一冊に出会うためにお出掛けしてみるといいですね^^

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました