別所由加は結婚してる?出身校(高校・大学)経歴プロフィール、ハリケーンランプの販売通販サイトなどまとめ

テレビ関連
スポンサーリンク

今日9月13日放送の情熱大陸ではランプ職人・別所由加さんが特集されます。

今、キャンプがとっても流行っていますよね。

お笑い芸人のヒロシさんが使っている道具なんかは動画で紹介(映ってたりすると)即完売したり、こだわる人は一つ一つのキャンプ用品にまでこだわるものです。

情熱大陸で紹介される別所さんはそんなキャンプの夜には欠かせない『ハリケーンランプ』を作る女性職人です。

今回の記事では別所さんがどのような方なのか調べてみました!^^

スポンサーリンク

別所由加は結婚してる?出身校(高校・大学)経歴プロフィール

名前:別所由加(べっしょゆか)
生年月日:1989年
年齢:31歳
出身地:大阪府
趣味は映画鑑賞
出身大学:大阪芸術大学
職業:株式会社WINGED WHEEL代表取締役、ランプ職人

大阪府八尾市に拠点を構える創業大正13年(1924年)の老舗ランプメーカーの5代目が別所さんです。

その伝統を受け継ぐ「WINGED WHEEL」の代表取締役でもあります。

WINGED WHEELの前身にあたる「別所ランプ製作所」が最初に売り出したのは別所さんの曽祖父の時代です。

別所さんの曽祖父は元ホウロウ職人で、ドイツ製のハリケーンランプを研究し、10年がかりで完成させたのが別所ランプのハリケーンランプです。

その後海外への輸出メインで事業を成功させましたが、戦後は生活に必要な灯りはランプから電気に代わり、大阪に数多く存在していたランプメーカーは次々に倒産、別所ランプ製作所も例にもれず、別所さんが小学校6年生の時、3代目である別所さんの祖父の時代で倒産してしまいます。

以降、会社の再生を任されたのはそれまで経営に関わっていなかった別所さんの母・二三子さんでした。

当時の段階ですでに日本で最後のランプ製作所となっていたので、二三子さんはなんとか会社をよみがえらせるために奔走、倒産からわずか1年後の2004年に別所さんの母と祖父の時代から働いていた工場長、数人のランプ職人でランプ作りを再開させたといいます。

一方当時の別所さんはランプ職人になるつもりはなく、中学・高校・大学と音楽(特にドラム)に打ち込んでいました。

しかし、2011年大学2年生の時、ずっとランプ作りをしてくれていた職人さんが急死したことで状況が一変します。

貴重なハリケーンランプの作り手を失い、どんな時もめげなかった母が「もうだめかもしれない」と弱音を吐いたのです。

これを聞いて別所さんは『そんなら私がやったる』と大学を中退して右も左も分からない状態からランプ作りを学び、7年前に5代目を継ぐことに。

動画の中でもありましたが、「私のランプが一番」この自信は職人さんにとってとても大事な気持ちだと思いますし、そう思って作っているランプなら製品としても間違いないものと感じます。

スポンサーリンク

別所ランプの通販サイトは?

別所さんが作るハリケーンランプとは

嵐の中でも灯した火が消えないと言われることから、その名が付けられたオイルランプ。かつては戦場や航海時の船舶、さらに馬小屋、ビニールハウスなどで使用されていたアイテムです

元々人気だった別所さんのランプは入手するのに1年は待たなくてはならなかったそうですが、昨今のキャンプブームにより、現在はなんと…5年待ち!!!

超人気なランプは「WINGED WHEEL(ウィングドウィール)」の公式サイトから通販予約できます。

ONLINE SHOP | flamesense

ちなみにふるさと納税限定なら楽天市場でも取り扱いがありますよー!

スポンサーリンク

別所ランプの口コミまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました