座間市事件のアパートはその後はどうなった?現在も住んでる?場所や家賃などを調査!

話題のもの
スポンサーリンク

2017年に世間を震撼させた神奈川県座間市の事件。

明日から白石隆浩被告の裁判員裁判が始まります。

サイコパスな事件であり、当時もかなりの注目を集めましたが、初公判を前に再び注目を集めています。

事件が起きたアパートは現在どのようになっているのでしょうか、調査をしてみました!

スポンサーリンク

座間市事件のアパートはその後はどうなった?

事件後すぐに事故物件サイトの大島てるに掲載されたため、場所がすぐに分かってしまったようですね。

やはりこういった事件が起きてしまうと、住み手がなくなり取り壊しになってしまうのかな…と思うのですが、どうやら現在もそのままの状態であるようです。

神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、現場となった無職白石隆浩容疑者(27)の自宅アパートの慰霊祭が14日、神職によって行われた。

管理会社の男性によると、現在も白石容疑者が借りている2階の部屋の賃貸契約は続いている。保証人となっている保証会社を通じて白石容疑者の口座引き落としによる家賃が振り込まれているが、口座残高は不明で、いつまで家賃が入るかは不透明。振り込みが滞れば、退去処分もあり得るが、緊急連絡先である白石容疑者の父とは連絡がとれない状態という。座間市内の白石容疑者の実家に住む父は事件後、姿を見せておらず、この日も実家には人けがなかった。

先週、警察の規制が解除となったため、犠牲者9人の慰霊と、現在の住民8人の心理的な負担軽減のために、慰霊祭を実施した。

事件後は慰霊祭を行ったあとにアパートの入居者を募集再開したようです。

ちなみに2017年にもかなり話題となっていましたが、このアパートの当時のオーナーはWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥の父、真吾さんでした。

スポンサーリンク

座間市事件のアパートには現在も人が住んでる?

事件後に、白石被告の後にも入居者があったようです。それこそ2019年には住んでいる男性(当時41歳)が週刊誌のインタビューにも応じています。

205号室に招き入れられた記者はドアや壁が青く変色しているのを確認し、それらは鑑識のための科学捜査に使用した薬品の影響であると説明を受けたそう。壁紙は当時のまま、白石被告が遺体を処理した浴室もそのまま使用しているとのこと。

「壁際に冷蔵庫がありますよね。これは事件当時から部屋に備え付けてあったんじゃないかと思います。入居して冷蔵庫の扉を開けたらカビていてすごく汚かったので、今は使っていませんが……。心霊現象もとくに起こっていませんよ。スイッチを消しても台所の蛍光灯がずっとチカチカ光っていることはありましたが、調べたらただの漏電でした(笑)」

このように心霊現象などは起きていないようです。

なぜ事故物件に住んでいるの?

この男性は205号室に住んでいる理由を以下のように説明しています。

  • 家賃の安さが一番の決め手
  • 過去に何があったかよりも、家賃が安いか、騒音が無いかどうかのほうが重要だから
  • 今の部屋は静かでとても快適

あとはこの男性の職業が治験をしてアルバイト代を稼いでいるため、事件が起きた当時日本ではなくカルフォルニアに滞在していたことも大きいかもしれません。

取材当時、この部屋での事件を知ったのも最近(2019年中?)ということであまり事件の実感がなかったのかもしれません。

それに本当に気にしない人は気にしないですもんね。それよりも家賃が安くてお得!という人も沢山いると思います。

スポンサーリンク

座間市事件の場所や家賃などを調査!

事件直後、慰霊祭を行った当時の情報では

  • アパートは2階建てで、12部屋
  • 白石容疑者の部屋を含めて11部屋が契約済み
  • 事件後の退去希望者はいないといい、8人が住む
  • 2階の北西角部屋(家賃1万9000円)1部屋が空室で、慰霊祭後に入居者募集を再開させた

住所:〒252-0021 神奈川県座間市緑ケ丘6丁目16−15

事件が発生した部屋に住んでいる男性の話では205号室の家賃は2019年当時1万1千円だったそう。

事件前の家賃でも22000円だったようなので、ここまで安いアパートは初めてだと話していました。

スポンサーリンク

座間事件、初公判前のネットの反応は?

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました