10月1日東京証券取引所が終日全銘柄の取り引きを停止!サイバー攻撃の可能性は?システムトラブルの原因は?復旧はいつ?

話題のもの
スポンサーリンク

今日10月1日、朝からスマホに速報が流れましたね。

内容は「東証が全銘柄の売買を停止」

1日は終日取引停止となることを発表しました。

一体どのようなトラブルがあったのか、調査してみました。

スポンサーリンク

東京証券取引所が全銘柄の取り引きを停止!システムトラブルの原因は?

相場情報の配信に障害が発生とのことですが、詳しい状況はまだ発表されていません。

相場情報の配信するシステムに何らかのトラブルが発生したということまではNHKなどの報道各社が伝えていますが、1日午前の段階ではこれ以上の情報が出ていない状態です。

東証株価指数=トピックスや日経平均株価など代表的な株価の指数なども算出できていないとのことです。

名古屋証券取引所・福岡証券取引所・札幌証券取引所でも取り引き停止。大阪は通常取引中

東証のシステムトラブルの影響により、名古屋証券取引所や福岡証券取引所、札幌証券取引所でも取り引きが停止。

先物取引などが多い大阪取引所では、通常通り取り引きが出来ているとのことです。

サイバー攻撃の可能性は?

加藤官房長官の会見によりますと、サイバー攻撃の可能性については

「現時点でそういった情報は確認していない」

としています。

スポンサーリンク

東京証券取引所、全銘柄の取り引き復旧はいつ?

復旧を急いでいるところ、としていますが、現在取引再開のめどは立っていないとのことです。

東京証券取引所には東証1部2部、マザーズなど合わせて3700もの銘柄が上場。

このシステムトラブルにより、企業や個人投資家などに大きな影響が出ています。

システム障害は過去にも

  • 2005年11月:ソフトの欠陥で全銘柄の売買を3時間停止
  • 2012月:みずほ証券発注ミス。東証のシステム不具合で注文を取り消せず
  • 2006年1月:「ライブドア・ショック」でIT銘柄の売り注文が殺到、全銘柄の売買を停止
  • 2008年2月:ソフトの欠陥で先物商品の一部売買できず
  • 2008年7月:ソフトの欠陥ですべての先物商品の売買ができず
  • 2012年2月:サーバーが立ち上がらず、241銘柄の売買できず
  • 2012年8月:機器故障ですべてのデリバティブ商品の売買できず
  • 2018年10月:接続障害で一部の証券会社の取引に支障

このように過去にもシステム障害が起こった過去がありますが、今回のような全銘柄の取引が終日停止されるようなトラブルについては株式の売買がシステム化された1999年5月以降初めてとのことです。

スポンサーリンク

ネットの反応まとめ

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました