飯塚幸三(池袋暴走)VSトヨタ│初公判で無罪主張!プリウスの年式は?TOYOTAはなんと言ってる?

話題のもの
スポンサーリンク

昨年、2019年4月に東京・池袋で起きた暴走事故で自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた、旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の初公判が今日10月8日に始まりました。

事故直後から大変大きな話題となり、事あるごとに注目を集めている飯塚被告ですが、今回の初公判では無罪を主張。

そこで今回の記事では飯塚被告が裁判でどのような主張をしたのか、また、飯塚被告が事故当時乗車していた車種について調査してみました。

スポンサーリンク

飯塚幸三(池袋暴走)VSトヨタ│初公判で無罪主張!

東京・池袋で2019年4月、近くの主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は8日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた初公判で起訴内容を否認した。運転の操作ミスとする検察に、被告が争う姿勢を示して審理が始まった。

起訴状によりますと、

  • 飯塚被告は19年4月19日、東京都豊島区の道路で乗用車を運転中、アクセルペダルをブレーキと間違えて踏み続け、時速約60キロから約96キロに加速
  • 自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永さん母娘をはねて死亡
  • 他にも通行人ら9人を負傷させたとされる
  • 中には全治約1年の負傷者もいた

検察側は冒頭陳述で、「被告は事故直前にアクセルを踏み込んで縁石に接触したが、さらに加速を続けた」と主張。事故前の車の定期点検ではブレーキやアクセルに異常が見つかっていなかったと述べた。

この検察側の主張に対し、弁護側は「被告がアクセルを踏み続けた事実はなく、走行制御システムに異常が生じた可能性がある」と述べ、被告の過失を否定しています。

この日は飯塚被告自身も出廷。

黒色のスーツ姿で車椅子に乗って法廷に現れ「(遺族の)ご心痛を思うと言葉がございません。心からおわび申し上げます」と謝罪。

しかし起訴内容の認否を問われると「車の何らかの異常で暴走したと思っております」と述べています。

当初、アクセルとブレーキを踏み間違えた、所謂、暴走と言われていましたが、飯塚被告側はそれを否定しており、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しております。」とも話しています。

なお、判決期日は決まっていないようです。

池袋暴走事故の経緯・経過

  • 2019年4月19日:東京都池袋で暴走事故発生。飯塚被告と同乗の妻が入院
  • 同年5月18日:飯塚被告が退院
  • 同年5月31日:東京都公安委員会が飯塚被告の運転免許の取り消しを決定
  • 同年6月13日:飯塚被告立ち合いのもと、事故現場を実況見分
  • 同年7月18日:事故被害者である母子の夫、父親でもある松永拓也さんが厳罰を求め署名活動を開始、公表
  • 同年11月12日:飯塚被告を書類送検
  • 2020年2月6日:飯塚被告を在宅起訴
  • 2020年10月8日:東京地裁で初公判が開始
スポンサーリンク

トヨタプリウスの年式は?

飯塚被告が事故当時乗車していた車はトヨタ・プリウスのNHW20型といわれています。

生産年式は、2003年から2011年式の車両で、2代目のプリウスには、オプションでも自動ブレーキは装備されていないそうです。

スポンサーリンク

飯塚被告の主張にTOYOTAはなんと言ってる?

飯塚被告は書類送検される前から、車の性能の改善が必要であると訴えていました。

インタビューでは

  • 「事故当時、自分の体力には自信があったものの、おごりがあったのかなと思い反省している」
  • 「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただき、高齢者が安心して運転できるような、外出できるような世の中になってほしいと願っている」

飯塚被告は事故直後に「アクセルが戻らず、ブレーキが利かなかった」と話したとされますが、検察側はブレーキの性能に異常はなかったとみています。

飯塚被告の主張に対し、トヨタ側の見解も聞いてみたいところですが、現段階では公式の発表などはありません。

またなにか分かりましたら追記致します。

 

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました