給付金追加15万円はいつになる?特別定額給付金の2回目はあるの?

話題のもの
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大により、国民一律10万円の定額給付金が支給されましたが、今回追加支給がされるのでは?と話題になっています。

今までも、2回目の給付金が来るんじゃないかと言われていましたが、今回こそは実現するのでしょうか?

ネットの声と合わせて、調査してみました!

スポンサーリンク

給付金追加15万円はいつになる?特別定額給付金の2回目はあるの?

そもそも今回追加給付金の話は、10月14日に自民党の長島昭久衆議院議員と武部新衆議院議員らが菅総理を訪ね、国民一律5万円の定額給付金支給を盛り込んだ40兆円規模の追加経済対策などを求める要望書を渡したことがニュースになったことから注目を集めています。

ちなみに長島議員のTwitterには菅首相に手渡された提言書も投稿されています。

今回の給付金は2回に分けて実施?

このように、第二次補正予算にてすでに予備費としてある分を国民一人当たり5万円配布し、さらに第三次補正予算で給付金の継続(10万円~それ以上?)を実施。

この場合5万円+10万円=15万円の給付となり、これを2回に渡って支給するのでは…?と言われていますが、現段階では提言書を提出しただけですので、今後はどうなるのかまだはっきりとは分かっていません。

追加給付金が支給されるならいつ?

先述した通り、追加給付金が15万円だとして、すでに第二次補正予算で予備費として設けられている10兆円からこの給付金を捻出するとすれば(予備費は現在7.8兆円ほど余っています)国民一律5万円はすぐに支給できるものと思われます(あくまで政府が決定すればの話ですが)

10万円の方は第三次補正予算にて…ということだと思うのですが、長島昭久衆議院議員と武部新衆議院議員ら自民党の有志グループは40兆円の第三次補正予算を提言書に書き記しています。

これは以前の国民一律一人当たり10万円の定額給付金を行った際の25兆円を超える予算であり、自民党有志グループも給付金の継続を訴えていることから、もしかしたら10万円の支給を超える可能性もあります。

が、これも現段階では提言書の内容なだけで、実現するかは分かりません。

スポンサーリンク

追加給付金が実現しない可能性もあり

すでにSNSでは追加給付金が決定事項と思って喜んでいる方が多数いらっしゃいます。

もちろん、前の項目通りにいけば、生活が潤う、助かるという方々も多くいらっしゃると思いますが、提言書はあくまでも提言に過ぎず、実行されるとは限りません。

最近では下村自民政調会長が

「限定給付も一律給付も今時点では考えていない」

と述べたことも報道されています。

そして今回の提言書を提出した「経世済民政策研究会」は今年5月にも、当時官房長官だった菅氏に新型コロナウイルスの感染が収束するまで国民一人当たり月額5万円を支給することを要望に入れた提言書を今回と同じように手渡ししています。

見ての通り、現段階ではこの提言書の内容は実施されていませんよね…つまり、今回話題となっている15万円の給付金も実現するのかどうかは…あまり期待し過ぎない方が良いかもしれません。

給付金に関してまたなにか分かりましたら追記を致しますね!

スポンサーリンク

ネットでは追加給付金に期待の声多数!

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました