ロズウェル事件の現場で見つかったUFOのかけらが展示されているのは宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」場所はどこ?

テレビ関連
スポンサーリンク

今日11月18日の世界の何だコレ!?ミステリー【秋のUFOスペシャル!遭遇事件&ナゾ映像】と題して2時間SPが放送されます。

放送内容は

▽昭和に起きたUFO遭遇事件!「日本のジャンボ機が見た謎の飛行物体…アメリカ公文書に残る緊迫の50分」! 1986年、日本の有名航空会社の貨物機がアメリカのアラスカ上空で、光を放つ謎の飛行物体と遭遇。当時、新聞などでもUFO遭遇事件と報じられ関心を呼んだ。時は経ち、2018年、昭和に起きたこのUFO遭遇事件の詳細が、なんとアメリカの公文書として残されており、インターネット上で公開。そこには、謎の飛行物体と遭遇した「機長が書いたとされるメモ」や「管制官との通信記録」「米連邦航空局の聴取記録などが含まれていた。あの日、日本のジャンボ機が遭遇したものとは一体…あの日、上空では一体何が起こっていたのか…機長の手記などをもとに、緊迫の50分間に迫っていく!さらに“パイロットの多くは上空で謎の飛行物体と遭遇している”と、まことしやかにささやかれるが…その真相はいかに!今回、番組は元航空自衛隊のパイロットを直撃!そこで語られた…摩訶不思議な体験とは!?
▽全国津々浦々!1泊2日のUFO旅へ!「UFOのかけら!?」「目撃多発ナゾの山!?」「深夜にUFOが出た!?」 田中卓志隊長(アンガールズ)、中岡創一隊員(ロッチ)、ミステリー大好き俳優・原田龍二が日本各地に存在する“UFO?スポット”を巡る「1泊2日のUFO旅」へ!今回は、各スポットごとにその模様を一挙公開!お楽しみに!

「UFOのかけら!?」があるとされる石川県の場所とはどこなのでしょうか、調査してみました!

スポンサーリンク

ロズウェル事件の現場で見つかったUFOのかけらが展示されているのは宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」場所はどこ?

住所:〒925-0027 石川県羽咋市鶴多町免田25
TEL:0767-22-9888 FAX:0767-22-1947
OPEN 8:30~17:00(最終入場16:30)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)

ロズウェル事件の概要

ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。ロズウェルUFO事件(Roswell UFO Incident)とも呼ばれる。なお、付近といってもロズウェルからは70マイル離れていたが、ロズウェル陸軍飛行場(のちの ウォーカー空軍基地(1967年に閉鎖))が深く関わったため、ロズウェル事件と呼ばれる。世界で最も有名なUFO事件といわれている。

本事件に関する情報はきわめて多数あり大変混乱しており、本当に何か不可思議な事件が起きたのか、はたまた町おこしのための壮大なネタなのか、詳しいことは判明していない。

宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」にUFOの欠片があるのはなぜ?

何故UFOのかけらが展示されているのかは、オカルト雑誌「月刊ムー」の三上丈晴編集長から寄贈されたからです。

この金属片は雑誌の取材班が昨年2019年、未確認飛行物体(UFO)が墜落したと信じられている現場を実地調査し、採集したそう。

採集した場所は、一九四七年、UFOが墜落したと世界中で話題となった「ロズウェル事件」の現場となった米国ニューメキシコ州ロズウェル近く。調査の様子を掲載したムーの記事によると、昨年の七月に一行は渡米し、金属片三つを回収した。

なんとこの金属片、ただの金属の欠片ではなくごく微量ながら、土壌より強い放射能が検出されていて、「本来ここにあるはずのないものだ」とムーには書きつづられています。

三上編集長は、今年八月にコスモアイルで開かれたUFOと自然栽培の両方をテーマにしたイベントに出席。元市職員でUFOのまちづくりを進めた高野誠鮮(じょうせん)さんらと語らった。金属片は、イベント最終日に寄贈されたという。

スポンサーリンク

宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」の口コミは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました