五十嵐美幸の病気(難病)とは?旦那はどんな人?中華料理店美虎(みゆ)の口コミ感想も!

テレビ関連
スポンサーリンク

11月24日のセブンルールでは【東京・幡ヶ谷の隠れ家中華「美虎」難病・出産を経て辿り着いた味】と題し料理人・五十嵐美幸さんが特集されます。

放送内容は

▼“体に優しい”創作中華で人気!東京・幡ヶ谷の「美虎」オーナーシェフ五十嵐美幸。 「料理の鉄人」から23年…難病・出産を経て辿り着いた自分らしい味と7つのルールとは? ▽伝説の番組「料理の鉄人」に当時最年少の22歳で出演。鉄人・陳建一を追い詰め一躍人気シェフになったが、9年前突然難病に襲われ「努力が一瞬にして壊れた」。 ▽中華鍋が振れなくなって辿り着いた境地。「豚の角煮酢豚」や油揚げで包む「五目油揚げ焼売」…多くの人を魅了する味の決め手、調味料と調理法の秘密に迫る。 ▽現在、5歳の息子の子育て真っただ中。自宅の1階に店を移転し、仕事と育児の両立を全力で目指す日々に密着。 ▽難病や子育てと向き合い、女性中華料理人の道を切り開いてきた五十嵐を支える夫の存在。そして料理への思いとは?

そこで五十嵐美幸さんについてどのような方なのか、お店の口コミなども合わせて調査してみました!

スポンサーリンク

五十嵐美幸の病気(難病)とは?

五十嵐さんを襲った難病は「後縦靭帯(じんたい)骨化症」

椎体骨の後縁を上下に連結し、背骨の中を縦に走る後縦靭帯が骨になった結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が押されて、感覚障害や運動障害等の神経症状を引き起こす病気

五十嵐さんは骨化してしまった靭帯を外して骨盤の骨と入れ替えるという10時間に及ぶ手術を2度経験。

普通であれば辛い手術のことばかり考えてしまいそうですが、五十嵐さんは難しい手術のことよりも、もう厨房で中華鍋を振ることができなくなったという現実の方がつらかったそう。

せっかく努力してお店も軌道に乗っていたのに…大変辛い時期を乗り越え、子供さんも授かった五十嵐さんですが料理人としてこれから何ができるのか必死に模索したといいます。

そして辿り着いたのが「強火で一気にではなく、じっくり火を通す料理を究める」

中華鍋を振る料理は信頼するスタッフに任せ、五十嵐さんは調理時間をじっくり使う新しい味を作り出そうと決意。

その結果、家庭で美味しい料理を作るという主婦の皆さんから大好評を得て、今もメディアで活躍していらっしゃいます。

スポンサーリンク

五十嵐美幸のプロフィール経歴

名前:五十嵐美幸(いがらしみゆき)
生年月日:1974年8月29日
年齢:46歳
出身地:東京都東村山市
出身高校:東京都立農業高校食品製造科(現・食品化学科)卒業
  • 老舗中華料理店「広味坊」を営む両親のもとに生まれる
  • 小学生から実家の料理店を手伝い、高校卒業後、正式に調理場に立つ
  • 病気を患った父に代わり21歳で料理長に就任
  • 97年フジテレビの番組「料理の鉄人」に当時最年少の22歳で出演
  • 「中華料理界の女傑」と大きな注目を集めた
  • 2008年に店を開業
  • 野菜を多用した新しいスタイルの「美幸流中華」が高く評価され、各方面で活躍を続ける
スポンサーリンク

五十嵐美幸の旦那はどんな人?

五十嵐さんの旦那様は佐々木順一さんという方です。

前職業はTV番組制作ディレクターをしており、出会いのきっかけは佐々木さんがグルメ系番組を担当したところからだそう。

五十嵐さんが難病を発症、子供さんの誕生と続いたことから旦那様は奥様を支えることを決意。

現在はディレクター業から、育児と妻のマネージメント、プロデュース業に転身し御家族を支えていらっしゃいます。

スポンサーリンク

中華料理店美虎(みゆ)の口コミ感想も!

コメント

タイトルとURLをコピーしました