命に関わる虫刺され…元NHKアナウンサー・大久保沙織のwiki風プロフィール経歴まとめ!慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)とは?

テレビ関連
スポンサーリンク

今日12月1日はザ!世界仰天ニュース2時間SP芸能人に実際に起きた事件2時間スペシャルが放送されます。

番組内容は

HiHi Jetsの高橋優斗が初出演!開口一番、中居をめちゃくちゃ尊敬していると語る▽フワちゃんがまさかの大出血の事件に巻き込まれる!▽愛する夫のリクエストで大雨の中買い物に出かけたLiLiCo。しかしそれが地獄の始まりだった!突然の激痛。立てなくなり、全身ずぶ濡れに。助けを呼びたいのに、ある理由で声まで出ない!絶体絶命の大パニックとは!?▽女子アナが自宅で血まみれになった驚きの訳とは?

この放送の中でも気になったのが

【元NHKアナウンサー】命に関わる虫刺され
蚊に刺される。それだけで命の危機にさらされる恐ろしい病にかかってしまった、元NHKアナウンサー。しかし彼女はその病に負けずに、ミス・ユニバースの世界大会を目指した。 壮絶な闘病、夢をあきらめない彼女の生活とは?

この元アナウンサーというのは大久保沙織さんのことです。

そこで今回の記事では大久保さんがどのような人物なのかと、病気について調査してみました!

スポンサーリンク

大久保沙織のwiki風プロフィール経歴まとめ

名前:大久保沙織(おおくぼさおり)
生年月日:1993年
年齢:27歳
出身地:群馬県
  • 元NHK和歌山のアナウンサー
  • 2020MissEarthJapan GUNMA
  • 2019ミス・ユニバースセミファイナリスト
スポンサーリンク

大久保沙織が患った慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)とは?

慢性活動性EBウイルス感染症(まんせいかつどうせいイービーウイルスかんせんしょう、Chronic Active Epstein-Barr Virus infection:CAEBV)とは、ヘルペスウイルス科に属するEBウイルス(Epstein-Barr virus) が感染したTリンパ球やNKリンパ球の増殖が免疫系の制御が不十分となって誘発される高サイトカイン血症である

1978年に初報告され、多くはリンパ腫や白血病へ進行する感染症です。

あまり日本では聞いた事のない病名ですが、2015年10月27日に逝去された声優・松来未祐さんが罹患していたことで広く知られるようになった病気です。

松来さんは病名を公表せず闘病し、四十九日が経過した12月15日、ご両親と所属事務所の81プロデュースがブログで病名と闘病の経緯を公表、最終的な死因が悪性リンパ腫であったことも報告されています。

大久保さんも様々な症状があったそうですが、「蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)」という蚊に刺されると40度の高熱、治療せずに放置していると悪性リンパ腫などの疾患を発症、最悪の場合死に至ることもある、この病気に苦しめられていました。

大久保さんは23歳の時にこの病気が判明しており、それまではめまいやひどい疲れなども日常的にあり、病院に行ってもアレルギーと言われて終わりだったそう。

偶然インターネットで見つけた記事により、専門医に直接電話してこの病気が発覚、3年前に骨髄バンクを通してドナーを見つけて骨髄移植を受けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました